注文生産について






【注文生産(オーダーメイド)でできること】


★10枚からオーダー

10枚という数量は価格とのバランスから設定しています。
数量が多くなれば、価格は安くなりますし、少なければ高くなります。
(ダンボール箱は結構極端です。)

価格よりも数量重視の場合は10枚以下でも承っております。



★好きなサイズ指定


梱包したいテレビのサイズに合わせられるので、更に効率よく作業ができます。


★オーバーフラップ

一般的なミカン箱形式のダンボール箱のふた(フラップ)が真ん中で合わさりますが、オーバーフラップ式は名前のとおり、ふた部分が2枚のダンボールで重なることになります。


※画像はサーフボード用のものです。

オーバーフラップにすることでふた部分の強度が高まり、箱を重ねた時の負担も軽減します。
また、この後紹介するマジックテープを使用することもできます。



※以下の加工は100セット以上の数量が必要となります。


★印刷


大きい箱のため、印刷できる箇所が決められてきますが、ショップロゴやケアマークなどを入れることもできます。

印刷には通常のダンボール代の他、印刷するための「版(はん)代」と「印刷代」がかかります。




★手かけ穴あけ

まとまった量でも運びやすいように、箱のサイドに手かけ穴(持ち手)をあけることもできます。





手かけは半抜き(※ダンボールを完全にくりぬくのではなく、開閉できる状態)にすることで、手にかかる負担も減らします。


   

★マジックテープ(ベルクロ)






一般的にふたはテープでとめますが、繰り返しダンボール箱を使う場合、テープを何度も貼ったり剥がしたりするのは箱にとって負担が大きく、傷む要因となります。
それを解消するのが上記のオーバーフラップ+マジックテープ加工です。
見栄えもよく繰り返し使用できます。

画像は四角いものを貼り合せていますが、粘着力が強くテープ自体剥がれてしまうことがあるため、基本的に細長い物をクロスさせた「+」状に組みます。

※それでも使用しているうちに粘着力は劣化いたします。


★他の資材の利用

基本セットには専用のエアーキャップとダンボール板がついていますが、ご利用用途や効率化を考え、より良い緩衝材をセットにすることができます。
サイズ、材質や数量を変えたり、仕様変更もできます。

値段に余裕があれば一押しの緩衝材はウレタンです。



隙間に入れたり下に敷いたりといった使い道があり、種類やサイズが異なるテレビを梱包する際には応用が利くので大変便利です。
某大手メーカー様からはウレタン必須でご注文を頂いています。





【注文生産品ご依頼の流れ】

注文生産品はご入金確認後作成手配し、4〜5営業日ほどで出荷いたします。
※大きい商品のため、発送方法につきましては打合せとなります。
(代引き注文の場合はご注文確定後手配。)

お急ぎの場合はご相談下さい。




お見積もり依頼・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。




その他用途のダンボールなど
全商品一覧はこちらからどうぞ
 




トップページに戻る
posted by In The Box | 注文生産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。